容姿と若さが武器の婚活

専業主婦という地位を勝ち取った、若い美人の婚活回想録

【ジャンル別】目次

2019/03/06更新 スマホから読んでくださっている方に向けて作りました。 こまめに更新していきたいと思っておりますが新しい記事はTOPからお願いいたします。

人生設計のタイミングミス男…その17

ミス男「ここはよく来るんだ~。 気になってるお店もあったんだけど… こういう場面はやっぱり慣れたところに行った方が安全かなってw」 うーん、その判断は大正解ですな。 早川という絶世の美人にいいところを見せたいあまり、一流レストランやらに連れてい…

人生設計のタイミングミス男…その16

ミス男「この間会った時、普段はユニクロよく着るって言っても早川さんひいてる感じなかったから… そう言ってもらえてよかった~… 自信がないからマネキンが着てたコーデそのまま試着して店員さんにも確認したよ…w」 この時、早川が思ったのは。 あの時「ユ…

人生設計のタイミングミス男…その15

渋谷TSUTAYA前にて待ち合わせ。 休日の渋谷にスーツで現れたらどうしよう… めちゃくちゃ美人な早川がスーツを着た男と昼間からお洒落なカフェ… 訳アリ感が半端ない。 そんなくだらないことを想像していると、電話がかかってきました。 ミス男「もしもし~? …

人生設計のタイミングミス男…その14

都内で一人暮らしで、車持ちかぁ。 と思って返信するとミス男から、 驚きの返信が…。 ミス男:ううん、俺の車じゃないよw 会社の車! GPSついてるけど…多分大丈夫でしょw えぇ…それは… どう考えてもよろしくないっしょ… 大丈夫かな、この人…。 早川:えっ…

人生設計のタイミングミス男…その13

ミス男は表参道の歩道橋の真ん中で立ち止まったかと思うと、 早川と向き合いました。 ミス男「あの…!!! 俺!!早川さんのこと絶対っ…絶対に幸せにするから…!! だから…!結婚を前提に付き合ってください!!」 表参道のけやき並木のイルミネーションが2…

人生設計のタイミングミス男…その12

お互い仕事終わりということで、仕事の話を少々しつつ…。 ミス男「男ばっかりの職場だからお洒落なお店も詳しくないし、 表参道なんて滅多に来ないから浮いてないか心配だよー…。」 今回の食事で分かったことは…。 服などに興味はなく、ユニクロを愛用。 男…

人生設計のタイミングミス男…その11

いい期待を持たせたミス男。 早川もまんざらではありません。 ミス男が予約してくれた店は、和食のお店でした。 テーブル席間が狭くて、隣のグループの会話が聞こえてきます。 うん…個室、とまでは言わないけど…さ…。 ミス男「前に取引先の人にここのランチ…

人生設計のタイミングミス男…その10

単身赴任万々歳! 私は東京を一人謳歌するから~☆ なんて言えるわけもなく。 早川「そうなんですね…。 でもお子さん沢山いたらみんなで動くのも大変ですよね…。」 ミス男「早川さん的には、転勤が多い人は…難しいですかね…。」 いや、全然難しくねぇっす。 …

人生設計のタイミングミス男…その9

私のご飯も美味しそうに食べてくれそうーーー…。 ↓ 私の作ったご飯、食・べ・て? と脳内変換したのかなんなのか分かりませんが、 ミス男はなんだかはにかんだ笑顔をしておりました。 こりゃいいわ、 このままついでに料理できますアピールもしておこう。 早…

人生設計のタイミングミス男…その8

早川は小腹が空いていた程度だったので、ケーキセットにしました。 ミス男「サンドイッチ、あれば食べますよね?」 早川「うーん、ひとかけなら食べられるかもです…。」 そんなわけでケーキとパスタとサンドイッチと飲み物を注文。 セットではなく、パスタと…

人生設計のタイミングミス男…その7

他の参加者女性がごそごそと帰り支度をしているのを横目に、さっと退出した早川。 出口で受け取った封筒をエレベーターの中で確認すると… 当然のことながら、ミス男とのカップリングを知らせる紙が入っていました。 あとは、その他の糞男達全員からの連絡先…

人生設計のタイミングミス男…その6

けた外れの美人のいる空間の、異様な空気感。 そこにいる全員が早川の動向を伺っているのが分かります。 女性は、気になる男(ミス男)の所へいくのか…という不安。 男性は、早川に声を掛けたいけれど話しかけんじゃねぇオーラに気負いしています。 ミス男は…

人生設計のタイミングミス男…その5

司会「それではお時間ですので、お話し相手を変えてくださーい。」 じりじりとミス男に近づきながら、 ミス男は早川のもとへ来るだろ。 と思っていました。 が、しかし。 早川が再び糞達に捕まり、 ミス男も他の女性に声をかけられました。 こういう時って大…

人生設計のタイミングミス男…その4

専業主婦でOKということが聞き出せたところでタイミングよく席替え。 そのパーティーではミス男以上の男はいないと確信したのであとの糞男達とは流れ作業。 糞「綺麗ですね~ 若いですね~」 早川「よく言われます。」 糞「なんでこんなところに来たんですか…

人生設計のタイミングミス男…その3

せっかくの貴重ないい物件。 しかも築浅。 …あ、婚活始めたばかりってことね。 で す が 早川が求める 最大の条件 を満たしていないことには話にならないわけで。 早川「そんなに忙しいんじゃ家事とか週末にまとめて…とかですか?」 ミス男「そうですね~ ご…

人生設計のタイミングミス男…その2

ミス男「…こんにちは。 …ごめんなさい、美人で緊張してます…!」 早川「こんにちは~! あはは、みなさんに言ってるんじゃないんですか~?w」 にっこりと話しやすい空気を出す早川。 どうでもいい糞みたいな男には、 「はぁどうも。よく言われます。」 み…

人生設計のタイミングミス男…その1

度々話しているように、 結婚って、タイミングなんだよなぁって話。 ただ、そのタイミングも本人のやる気次第でわりとどうにかなったりするわけで。 今回はそんなことを絡めた出会いの話です。 婚活パーティーで出会いました。 初めましてで早川のところにや…

40過ぎの男…最終回

電話にはもちろん出ませんでした。 呼び出しが切れたタイミングで慌ててラインをブロック。 チキン野郎の早川、ビビリちらかして震えます。 こういう目に合わない為の相談所ちゃうんか…。 震えながら寝ると、翌朝SMSにメッセージが。 しかも、大量に。 以下…

40過ぎの男…その34

はぁ… 一応…一応、ね。 鎌倉から帰ってから、記憶をたどって家の大体の位置調べたり、 ベンツの車種のランク?を調べたりしましたよ 。 家はほぼ特定しました。 最初に相談所からアピールされたように、高級住宅街のど真ん中でした。 三軒の内のどれかかな、…

40過ぎの男…その33

40男は早川の笑みを見て、 ほっとしたような顔をしました。 そりゃね、 デート中一度でもダークサイドに堕ちたペッパー状態になられたら、心配にもなるわな。 車を降り、えっさほいさと紙袋を抱えて帰宅。 途中に浮浪者タウンがあったら緊急炊き出しフェア…

40過ぎの男…その32

この人って全然読めないな… 急に冷たくなったり、 優しくなったり…。 全然その気がなかったのに… なんだか考えちゃうよ…。 …こ…これが…恋…!? なんてな!!!! 婚活は結婚まで一直線で行きてぇ奴らの集まりだ!! そんな駆け引きしてくる馬鹿相手してる暇…

40過ぎの男…その31

40男「ちょっとここに止めるね。」 そういうと、早川の返事を待たず駐車場に入って駐車。 「ちょっと待ってて!」 というとこれまた早川を置いてどこかに去って行きました。 早川の脳内で繰り広げられるサプライズ劇場。 ーーーー ヴゥン… 早川のスマホが…

40過ぎの男…その30

「急に無口になったりするのは運転に集中してるからですか?」 この問いを、 穏やかに… 文字にすると、ほわわ~んって感じに聞くのと、 機械的に… ダークサイドに堕ちたペッパーのように聞くのとじゃ全然印象が違いますね。 たまに全然話聞いてくれないやる…

40過ぎの男…その29

うーん。 残念だけど…早川の中で、 人間性というのは生涯変わらない という定説がありまして。 性格は変わらないよ。 変わったように見えるのは、我慢の賜物であって、本質ではない。 だから、早川がその性格怖い、やめてって言ったらその場は収まると思いま…

40過ぎの男…その28

カフェでこの後どうしようか〜となり… 早川「ほとんど私がいただいちゃったからお腹いっぱいになっちゃいました…」 40男「そうだよねぇ… じゃのんびりドライブして帰ろうか。 家近くになってお腹空いたらまたどっか入って食事しよう。」 早川「そうしまし…

40過ぎの男…その27

変な時間だったのでカフェも混んでいませんでした。 早川「…お料理冷めちゃいますよ? アイスは溶けちゃいそう…」 40男「そうだね、あとは食べちゃっていいよ。」 シェアして食べようと甘いのとしょっぱいのとで何品か注文したのですが… 最初に取り分けた…

40過ぎの男…その26

沈黙の車内。 40男が口を開きました。 「眠かったら寝ちゃっていいからね?」 早川「は~い」 イライラしてるのかなんなのか…。 これでガン寝したらブチ切れるかな? それとも目覚めたらやましいところにいたりして… まぁ… 寝るよね。 スマホぽちぽちする…

40過ぎの男…その25

耐久レースと銘打った時点で、結婚相手にするには難しいって今なら分かる。 一度抱いた生理的嫌悪は、もう二度と覆らない。 ものすごく気持ち悪い同級生が雨の中捨てられた子犬を持って帰るシーンを見たとしても、 「やだ… 陰で落ち武者って呼んでるアイツ… …

40過ぎの男…その24

40男は首をクイっと…ギアの辺りを見るような仕草をしました。 そして… 40男「そんなにほっそい足じゃ転んだら大変そうだもんねぇ」 と漏らすと、再び早川の足を凝視しました。 にやにやしながら。 え…待て待て。 きっもいぞ。 百歩譲って、凝視してたと…