容姿と若さが武器の婚活

専業主婦という地位を勝ち取った、若い美人の婚活回想録

【ジャンル別】目次

2018/07/20更新 スマホから読んでくださっている方に向けて作りました。 こまめに更新していきたいと思っておりますが新しい記事はTOPからお願いいたします。

借金があるのに婚活をする男…その10

毎度のことで申し訳ないんですけど、 この時点でこの人いい!って思っていました。 聞いた話だと、人を好きになる能力も年と共に衰えるらしいです。 やっぱり何をするにも早め早めがいいってことですな。 …何度も「この人いい!」って思うだけのやつに言われ…

借金があるのに婚活をする男…その9

しかし一緒にいるのが苦痛と思うこともなく、 むしろ本屋に一緒にいてなんとも思うことがないってすごいことなんじゃなかろうか。 夕食はイタリアンな感じの創作料理さんといった感じでした。 お洒落だろ!? おい、お洒落って言えよ みたいな感じのお店です…

借金があるのに婚活をする男…その8

約束の週末、ディナーデートです。 借金男の登場により、早川との約束が抹消された哀れな男は、 毎日借金男と連絡をしている内にどうでもよく思えてきたので、相談所を介しお断り連絡を入れました。 お見合いが見事成立し、 仮ではあるものの交際まで発展し…

借金があるのに婚活をする男…その7

借金男「しんどいよ!w 洗濯物たまってくのもしんどいけど、 そんな部屋に帰って誰もいないのが一番つらいw」 早川「あははw じゃあお嫁さんは家事がこなせる人がいいですか?」 借金男「そうだねぇ~…」 少しの間。 早川が共働き希望だったら?とか考え…

借金があるのに婚活をする男…その6

渋谷と決まった時に少しだけ、 「ウェイな若者ががやがやするようなお店は嫌だな…」 と思いましたが、 予約してくれたお店は、東口のお洒落な感じのバルでした。 ヒカリエの中で待ち合わせです。 今書いてて思ったけど、 もうハチ公前とかで待ち人見つけ出せ…

借金があるのに婚活をする男…その5

隣の席にいた男女が席を立ったので、時間を確認したらちょうど1時間程度経過していました。 後ろ姿を見ると、隣の席にいた女性はラウンジに入る前に一緒に死角に隠れていた人っぽかったです。 時間的にやはりお見合いだったか。 死角仲間としてお互い婚活頑…

借金があるのに婚活をする男…その4

「読書」と「映画観賞」と「音楽鑑賞」を並べて趣味に書いてる人に、 ガチ勢はいない という早川論。 無難で話題にしやすいからとりあえず書くイメージ。 早川も、人並みに本を読むだけで本大好き!ってわけでもないです。 一番の趣味はディズニーリゾート徘…

借金があるのに婚活をする男…その3

後からやってきた男女も、早川と同じシチュエーションで人を待っているのだとすると。 少なくとも3組がここでお見合いをすることになります。 流石、予約を受け付けないラウンジです。 3人共、一様にお互いをチラ見し、ラウンジ前とスマホと交互に見ながら自…

借金があるのに婚活をする男…その2

お見合い当日。 相手のプロフィールを頭に叩き込みながら電車でホテルまで向かいました。 余談ですが…一日に数人の男性とお会いしているとプロフィールがごっちゃになるので、 本当に直前に復習して挑んでいました。 とは言うものの、早川のおつむの具合から…

借金があるのに婚活をする男…その1

結婚相談所に入会している。 ↓ そこそこお金払ってる。 ↓ 少なくとも、 アプリとか格安の婚活しか出来ないような 貧乏人ではない。 … なおかつ、それだけのお金を支払ってでも結婚をしたいと思っている。 だと思ってたからよ〜。 まさか、 借金背負ってるく…

最後の元カレの話…最終回

ここでブロックしない早川。 だって… こんなことしておいて、 普通に幸せになったらムカつくもの。 既読スルーで生殺し。 金井でもこれやってたけど、 好いている相手にこれされると相当堪えるみたいですね。 自分が蒔いた種なのだから、自分が苦しむ結果に…

【結婚準備】ペーパーアイテムの話

初めから、 ペーパーアイテムは絶対にちゃんとした会社で作ってもらおう!! と決めていました。 何故なら。 ど素人が作ったペーパーアイテムって 貧乏丸出しだから。 結婚式の手作りアイテム云々発信してるサイトやらを見ると、 ほぼ100% ペーパーアイテム…

最後の元カレの話…その16

そうこうしているうちに、早川と金井の仲は急接近していくのでした。 当然、彼からの連絡に返事をしないことが多くなり…。 隔日だった連絡は、 隔日 ↓ ほぼ毎日 ↓ 毎日 と、回数を増していきました。 そして日刊彼通信はいつしか朝と夜の二部配信されるよう…

最後の元カレの話…その15

彼「え… ちょっと…ちょっと待ってよ…。」 お前はキムタクの真似するホリかよ。 早川「私の大切な一年…もしかしたら一年以上を待つことに使うより、 早く結婚に踏み切ってくれる人との出会いに使った方が早く思い描いていた未来が手に入れられる気がするんだ…

しばらくお休みします!

諸事情により毎日ブログを続けるのが困難になってきましたので、ここで一旦タイトルの宣言をさせていただきます! とはいえ、書くのはやめていないので記事が出来次第アップしていく予定ですので、今まで通り毎日更新でなくなる、と思って頂けたら幸いです!…

最後の元カレの話…その14

彼「そんなこと…。 ゾンビがそういう風に考えてるなんて今初めて聞いたし、 早く結婚したいとかは言ってくれればよかったのに…。」 早川「確かにね。言わなきゃ分かんないよね。 でもさ、お母さんがこうなって家族で思い出作りたいって言われて、私は蚊帳の…

最後の元カレの話…その13(限界なのだ、の巻)

早川「え…いつまでって…」 思わず口ごもります。 お母さんが亡くなって、 結婚出来るようになるまでだよ!! って言い捨てられたらどれだけスカッとすることでしょうか。 彼「俺は今までゾンビと結婚するつもりで色々やってきたから、急にそんなこと… しばら…

最後の元カレの話…その12(イライラからの)

遠回し。 えぇ、もう皆様のご想像通り、 察しのいい男性でもないので通じるわけもなく。 彼「ありがとう…。 ゾンビに待っててもらって申し訳ないな、って思うよ…。」 少しだけ。心がちくっとしました… が。 申し訳ないと思いながら、 早川のことを置いてけぼ…

最後の元カレの話…その11

彼と会えない休みは婚活に勤しみました。 度々カップリングして後日デートとなったり、 早めに婚活パーティーの予約を取ってしまったりで、 彼からの誘いを断ることもありました。 彼「次の日曜日、そっちに行くね。」 (うっ、もう他の男と会う約束しちゃっ…

最後の元カレの話…その10

条件のいい大好きな彼がいる。 結婚も真面目に考えてくれている。 でも。 その彼との結婚は今すぐにできない。 彼以上のスペックを持った男と早急に結婚できるのならば、 今すぐにでもしたい。 これが早川が婚活市場に躍り出たきっかけでした。 初めての婚活…

最後の元カレの話…その9(結婚できなかった場合に備える)

これは…冷静に考えてまずいぞ。 とりあえず、うまくいかなかった場合の人生設計を見直さなければ。 まず、自分はどうなりたいのかと改めて考えてみます。 改めても糞も、 何度考えても、 働きたくねぇ。 早川が専業主婦になっても、 そこそこ豊かな生活を送…

最後の元カレの話…その8

彼のことはとても好きでした。 彼の思ったことには素直に賛同していました。 だから、 「お母さんが生きている内に思い出作りをたくさんしたい!」 というのも聞き入れることにしました。 …というか聞き入れざるを得ないですよね。 しかし、不安はぬぐい切れ…

「美人は性格がいい」とされる理由を、美人なりに考えてみた。

前回記事で、美人の生活はつらいような雰囲気を出しましたが、 思いのままの生活を手に入れた今だからこうして書けるんだなぁって思います。 並以下の人間と関わらずに生きられることが美人にとってどれ程快適なものなのか…。 つらい人生を歩んでいる美人は…

最後の元カレの話…その7(余命宣告から考えること)

お母さんが癌。 その心情を考えると、どうしていいのか分かりませんでした。 知恵袋で「彼氏 親 病気」とかめちゃくちゃ検索しました。 その後は早川から取り立てて何かを聞き出そうとはせず、 彼が切り出す以外は寄り添うことにしていたのですが、 結果、 …

「美人は性格いい説」を唱えてる奴は、自分が並以下の容姿であることをよく理解した方がいい。

Twitterでもだいぶ前に書いた話なんですが。 「美人は性格がいい」 とされている世の中について改めて、 美人目線で書きたいな と思っていました。 まずは第一弾。 この説を唱えてる奴は、 その「美人」に含まれていない。 というお話。 (adsbygoogle = wind…

最後の元カレの話…その6(実家で知らされたこと)

しばらくしたら彼と結婚するんだ~☆ とのんびりと生活していた早川。 その雲行きが怪しくなる日が訪れます。 その日は1日デートをし、 早川と別れた後、彼は実家に帰る予定でした。 早川が帰宅し、寝ようしたところに彼から電話。 実家にいるのにおやすみコ…

最後の元カレの話…その5

その時の早川は。 彼と出会った職場を退職したというところで、ものすごくメンタルがやられていました。 高卒であの会社に入るのは絶対に無理だと知っていたから、 あの会社以上の会社に入れるチャンスなんて二度と巡ってこないと分かっていたから、 入社し…

最後の元カレの話…その4(「彼と結婚したい!」)

今付き合ってる男よりもいい男なら、 乗り換えなきゃ損だねぇ。 っつーわけで。 話はトントン進み、 しかし簡単に手に入れられると思われると癪なので、 一か月という期間を持って乗り換え完了。 勿論、条件ばかりでなく人柄を見てから距離を詰めていったの…

最後の元カレの話…その3(スペック)

2次会には行かないと早川が言うと、 ほぼ全員の若い男性も帰ると言い出し、 その日の飲み会は終了しました。 帰って、寝る前のスマホチェックをしていると、 メールが一通。 タイトル:(彼苗字)です。 今日はお疲れさまでした。 (飲み会幹事)さんから連…