容姿と若さが武器の婚活

専業主婦という地位を勝ち取った、若い美人の婚活回想録

婚活仲間ァ?そんなのと一緒に行動してるからうまくいかねぇんだよ!!



タイトルの記事を書こうとして下書き状態で長らく放置していたのですが、
昨夜、テレ東で放送されていた
「おしゃべりオジサンと怒れる女」
という番組を観て、今が書き上げ時だと思ったので。



ーーーー
以下番組内容。
ゲスト…植草美幸さん
ゲストは、成婚率80%という驚異のカリスマ婚活アドバイザー。
“間違いだらけの婚活”に怒ってる!?
衝撃エピソード連続の婚活事情にオジサンたちも仰天!?
さらに、噂のお見合いシミュレーションに潜入…。

ーーーー



「こんな女が結婚できない」
f:id:ssst25:20171203133519j:plain
そう、この1つ目が、まさにタイトルの早川の言わんとすること。
植草さんは「結婚したい!」と駆け込んでくる女性に対し、
「婚活するなら、その時点から女子会は禁止」
と言い渡すそうです。
なぜなら、
「女子会中にお見合いの事前連絡などがあると、みんなから勘付かれやすく本人も話したくなる。
女子会で”明日のお見合い相手”を見せても、絶対に良いことなんて言われない。」



そう、画像の一番下にも出てくる
「マウンティング」は女のサガ。



婚活パーティーでは、友達同士で参加している人をよく見ました。
それは当たり前に同性同士なのですが、一度だけ男1人女2人で会場にやってきた馬鹿トリオを見たことがあります。



この馬鹿トリオの男がフリートークタイムで早川のところへやってきたので、疑問をぶつけたことがあります。
早川「綺麗な方と一緒にいらっしゃってましたねー。」



馬鹿男「婚活パーティーで仲良くなって一緒に活動してるんだ。
あいつ、綺麗なんて言ったら”飲み行こ!!”ってなるよ(笑)」



早川「そんなに仲良くて、婚活で知り合って、男女の仲にならないんですか?」



馬鹿男「お互いそんな感じじゃないからないなぁ〜」






馬鹿、ここに極めり。
といったご回答、ありがとうございました。



仲がいい異性という存在は、精神的に良くないと知っている「普通の人間」に選ばれないまま、イタズラに歳を重ねて、
3人揃って同じ老人ホームに入居したらいいよ。



では最初に仲良くなったきっかけは?
そこから男女の仲に発展できなかったのはお互いの実力不足では?
そして、それを男女の友情として一緒に婚活の冒険の書を綴る神経。
そこから新たな男女の出会いが生まれると思っているのが心底不思議。



同性同士で参加するのも、1人参加より圧倒的にカップリングしにくいのでやめておくのが賢い選択です。
植草さんのおっしゃる女子会と同じように、
パーティー後「いい人いなかった!!」と愚痴飲み会になり、何も得るのがないまま終了…というのが目に見えています。



婚活してる間も同性とつるんでいると、
同性にボロクソに言われる相手と結婚したら恥だ!となり、
まとまる話もまとまらない
ってことです。



婚活仲間がいる皆さん、明日からソロ活動始めましょう。
隣でヤイヤイ言う人がいないだけで、世界はずっと広く明るく見えるはずだから。






番組後半から見始めたのですが、植草さんのおっしゃることには頷く程の同意と納得の嵐でした。
今は早川のように若くから活動し始める女性も沢山いるようです。
早川が20代前半で婚活をしていた頃は、まだ「婚活」という言葉が世の中に浸透し始めて少し経った頃だったからか、
どこの婚活イベント、結婚相談所へ入会説明会に行っても「若い!!」と驚かれていました。
その度に、言ってもらえるうちが花だと自分を戒めていたような気がします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

婚活ランキングへ